地域防災力の向上・防災リーダーの育成・防災安心まちづくり


by aichibousaiikusei

<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 H26豊川市花井幼稚園 園児及びお母さんへの防災教室
                   平成26年7月7日 早川澄男
幼稚園児への防災教室は、毎年7月に開催。今年でもう5回目になりました。
230名の園児たちが遊戯場へ集合。防災リーダ-のおじいさんから防災について、しっかり学んでくださいと園長先生のあいさつで開始。
 しっている人とあったら、どうする?・・・「こんにちわ」とあいさつ003.gif
 しらない人におそわれたら、どうする?・・「たすけて!」ってよぶ
 たいふうがきそうですね、どうする?・・・「テレビをみる。せんせいにきく
 じしんがきたら、どうする?・・・・「あたまをまもる」
としかりと応えてくれる。去年にまして、応対がすごく、手ごたえを感じた。
 では、地震が起きて、揺れ始めました…どうする!
 頭を守る。ダンゴ虫になる。机に下に隠れる・・・スーパーでお母さんと買い物してたら・・・買い物かごをヘルメット代りになるよと教える!
d0183528_18162669.jpg

 家の中にタンスがあるよね・・タンスが倒れたら、ケガするよね。
 では、年長さんへのゲームです。地震がきたぞ!じゃんけんポン!で勝ったら、タンスを倒すね。負けたら、ヘルメットをかぶって頭を守ろうね。
d0183528_18153918.jpg

 続いて、年中さんへのゲームです。地震が起きたら、津波が来るね。どうする?・・高い所へ逃げる!・・・津波てんでんこゲームをしますね。誰が一番早く高い所へ逃げれるかな!
d0183528_18171829.jpg

 では、最後に年少さんへのゲームです。防災的当てゲームを、お:地震がきたら、おさない。は:はしらない。し:しゃべらない。も:もどらない。あ:地震が来たら頭を守ろう・・・・
d0183528_18225228.jpg

 みなさんしっかりと元気よく応え、ゲームを通して、じしんがきたらどうするかを繰り返し教え、年長・年中・年少と学びあうことも必要。
園長さんは、このあと毎月1日に繰り返して教えて行っていただける。それゆえ、地震がきたら・・どうするの-・・即答で「あたまをまもる!」
 子どもの時からの防災教室の重要性を感じ、また次年度も来ますね…今度は、防災なまずんをつれてこよう!(内緒)

続いて、午後は、お母さんへの防災教室。
今日の子供たちの防災教室の内容を説明し、必ず、今日の出来事を聴いてあげてね。親子の会話が子供の成長を促します・・・本当は、子供から親への防災伝承をしたく。
 
南海トラフの巨大地震は、必ず来ます。ここで実験をしながら、河川堤防も危ないぞ(河川堤防崩壊実験)、卓上ぶるるで子供たちのためにもおじいさんやおばあさんの家の耐震化も進めてね。
d0183528_18205042.jpg

タンスぶるるを使って、家の家具止め、冷蔵庫も止めること。止め方指導。テレビは、粘着マットを・・・最後に質問を受けて、とにかく、親子3代で繰り返し災害を体験します。我が子のためにも備えをしっかりとしてくださいね。
では、来年また元気にお会いしましょう!
 今日も充実した1日でした。初めて参加していただいた藤井さんも子供たちの応対や動作もすごく、感動の気持ちを聞かせてもらいました。そういう意味でも次年度も内容をさらに充実して内容で臨みたく、帰路に着きました。
[PR]
by aichibousaiikusei | 2014-07-07 16:30 | 防災啓発事業