地域防災力の向上・防災リーダーの育成・防災安心まちづくり


by aichibousaiikusei

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

みずから守る手づくりハザードマップ講座                     早川 澄男 
 愛知県河川課事業「洪水ハザードマップを地域で手づくりで作成することにより、より一層洪水時の対応が押し測れる」を踏まえ、名古屋市港区南陽学区(ちょうど熱田区とほぼ面積が同じである大きな学区)からの呼びかけで参加支援することになりました。
 名古屋市からは、港区洪水ハザードマップ、地震マップ、津波避難所マップなどが市民に提供されているが、学区単位、町内単位でのマップは、各種情報や資料に基づき、且住んでいる人の経験、地域の歴史を紐解きして、勉強してから、まち歩きを開始。
 伊勢湾台風で1階の天井まで浸水、藤前町内会では、高潮でもあり、2m以上の押し波で1階は、全滅であったことも、まち歩きの中で教えていただいた。このアンダーパスでは、車が浸水(東海豪雨)した。
d0183528_16514434.jpg

しかし、茶屋・七島町内会では、伊勢湾台風の水位表表がなくなっていることに気づき残念であった。ある家には、ここまで来たと2m位の土壁に位置を指をさす人もいた。

d0183528_16533779.jpg
全体が海抜以下でもあり、是非、NP表示と合わせてマップへの落とし込みをしたい。また、東海豪雨ではこまで来たとの経験から最初に水がたまる個所も再認識し、水没地帯が明確になった。
 皆の意見は、豪雨の場合は、避難所へゆくよりも2階へ避難。ただし1階建ての人をどうするか、隣近所の2階か、早めの安全な道を通って南陽東中学へ、南陽小学校では、周辺が水没するので、用水や蓋なし溝へ落ちる危険性が大きい。道の真ん中を歩くとしても、一面水浸しになってからでは、避難は困難。
 まち歩きをして、町内の都市計画図に落とし込み、一番早く亜水がたまるところ、水の流れ、海抜、NP、危険な個所、一時避難できる高台、避難場所、避難経路、注意事項も、そして課題も記載と2日目の3時間もあっという間に終了。各班発表。
d0183528_1655772.jpg

 次回は、当方で出された事項を整理したもので、再度町内にまとめて、手づくりハザードマップを作成してゆく、その後そのマップを用いて、実際に避難し、さらにマップを補足して町内全戸配布。それに基づいて、避難所体験などに生かしてゆく流れを支援してゆきたい。
 なお、津波も一部コメント付記して、洪水+津波避難マップに仕上げたい。
[PR]
by aichibousaiikusei | 2012-01-29 18:30 | 講座・セミナー
“市民レクリエーションのつどいin東”での防災・減災啓発竹山金伍
1月22日日曜日、東スポーツセンター(名古屋市東区)で毎年恒例の「市民レクリエーションのつどいin東」が開催された。
あいち防災リーダー会は、毎年参加支援をしており、今回も防災・減災の啓発活動を担当することになった。8時45分から準備、9時50分~14時10分の時間帯で開催された。059.gif
私達のブースは、「楽しく防災を学ぼう」がキャッチフレーズで約15m×10mのスペースが割り当てられた。スペースの周辺には、鳥山さんが準備された防災啓発関連のパネルを配置し、中央には、ストローハウス作り、新聞紙スリッパ作り、ロープワーク、避難持ち出し品ゲーム、防災風船、のコーナーを設け、8人の参加者で分担しそれぞれ啓発を開始した。
d0183528_1695263.jpg

市民レクリエーションのつどいは、名古屋市の教育委員会とレクレーション協会が毎年開催し、今回は東スポーツセンターでの開催となった。「親子からだ遊び」「作ってあそぼ」「伝承遊び」等、親子での参加を対象にしている。参加者は約100人程度。前年度に比較してやや寂しさが感じられた。
d0183528_1610302.jpg

私たち防災ブースへは50人程が立ち寄り熱心に防災を勉強した。特にストローハウスは人気がありスタッフは休む間もなく対応、親も子供もいっしょになって楽しみながら耐震の大切さを学んでいた。
d0183528_1611384.jpg

午後は、参加者と主催者全員で「ふれあいタイム」「みんなで遊ぼう」と称してマスゲームがあり、私たちスタッフもいっしょに参加しゲームを行った。071.gif
私たちリーダ会メンバーにとっても、楽しく学ぶ防災にふさわしい“つどい”になったと感じました。
[PR]
by aichibousaiikusei | 2012-01-22 18:00 | 講座・セミナー
1月21日(土) 豊橋消防署
とよはし防災リーダーフォローアップ講座
                            濱辺 文

9時30分に地下鉄港区役所駅で藤井さんと合流して鳥山車で一路豊橋へ。
例年ならば早川会長と4人で行くのだが、今年は早川会長がタイ国へ防災講演ならびに洪水の視察等で留守のため、太田相談役に講師をお願しての講座になりました。
 豊明から高速に乗ろうとしたが、ETCカードが期限切れのため一般車扱いになり、豊川インターで降りて、まずは腹ごしらえのため、創業が文政の末ごろ(約200年前)と言われている菜めしでんがくの「きく宗」を探していてチョッと時間がかかったが11時の開店に間に合いゆっくりと食事ができる。
このまま豊橋消防署へ行けば時間には充分余裕があるはずが、途中で道を間違えて通りすがりの中学生に尋ねるも「コンビニの横を行けばいいよ」が見つからずチョッピリあせっていたら、先ほど通ったのに目に入らなかったコンビニがありました。ヤットの思いで目的地豊橋消防署に到着です。太田相談役はとっくに到着された職員さんとお話中でした。003.gif
大急ぎでパネルを鳥山・藤井両氏が張られている間に、濱辺は出席者にお渡しするパンフレットのセットです。
d0183528_20224970.jpg

 まもなく開始時間になり講座が始まったが今年は男性14名女性2名の合計16名です。この4年間で一番少ない受講者です。6名と5名×2の3班です。浜辺は女性が2名入られた班の担当になりました。051.gif
太田相談役は豊橋消防署の講座は初めてなのに笑いを取りながらの講義です。講義が終わり、いよいよグループワークです。
d0183528_2022230.jpg

皆さん昨年に比べ今年は前向きな方が多く和気あいあいと進みました。
鳥山さんの班に消防隊員のOBがおられ、自主防災会とは別に同好会のようなグループを立ち上げて活動していると言われていました。
d0183528_20232315.jpg

講座も順調に終わり太田・鳥山両車に荷物の積み込みをはじめたら職員さんが飛んで来て気分よく手伝ってくださいました。
「お茶でも」と太田相談役にお誘いを受けたが近くに喫茶店もなくそれぞれが帰途に着く。 
 途中のサービスエリアで自販機コーヒーを飲みトイレを済ませてさぁ~出発。鳥山さんが雨057.gifが降るからと名古屋インターで降り家まで送ってくださいました。
藤井さんにも附き合わせてしまいましたが感謝・感謝の一日でした。
[PR]
by aichibousaiikusei | 2012-01-21 20:20 | 講座・セミナー